どうも、こんにちは。川本写真事務所の由留木です。
事務所のブログを開設することになりました。よろしくお願い致しま す。
さて、今回ご紹介するのは、4月に行いましたロケ撮影での記録をお届けいたします。
ご依頼主はいつもご贔屓にしていただいている、兵庫県川西市にあるペット用品の卸会社様です。撮影内容 は、クライアント様の取扱商品であるペット用品にモデル(人、犬)を入れての使用イメージカット撮影です。

 

流石はモデル犬 !!
こちらは店舗での室内撮影の様子です。ペット用爪研ぎの使用イメージを撮影しています。うまくワンちゃんを女性モデルの前まで誘導して前足を出してもらうようにするんですが、これがなかなか難しくて、何度もトライしていました。それでも、どのモデル犬もしっかりと躾けられていたようで、見知らぬ我々に囲まれても嫌がること無くこちらの指示に応じてくれたのは、流石はモデル犬といったところでしょうか。

 

天候に恵まれてのロケ撮影
今度は打って変わって、公園での屋外撮影です。ペットを入れるキャリーやカーゴを、クライアント様から ご提案頂いたラフ画をもとに、複数のシチュエーションにて撮影していきます。ロケ撮影では、日差しの加減で写真の状態が大きく変わるので、天候には気をつけたいところです。場合によっては雲待ち太陽待ちな んてことも。この日は前日が雨だったこともあり心配でしたが、嬉しいことに、晴れすぎず曇りすぎない安 定した日差しの中で行うことが出来ました。それと、雨あがりで地面がぬかるんでいたら色々と大変です が、思ってたより乾いてたのも嬉しかった所。

 

撮影の合間には、モデル犬さんをたくさんヨシヨシしてあげることで、少しでも撮影のストレスを和らげてあげることも大事ですね。動物と触れ合うことでまた、人間も癒やされます。長丁場の屋外撮影では、現場で関わる誰もが、和やかに過ごせて滞りなく進むことが何より大事です。

 

最後に
どんな商品にも言えることだとは思いますが、実際の使用イメージをモデルを入れて撮影すると、その商品がどれぐらいの大きさで、どういう機能があって、どういった使い方が出来るのかといったことを、エンドユーザーに直感的に伝えることが出来ます。特にインターネット販売の市場が開けつつある昨今では、その重要性はますます高まっていくことと思います。

言わずもがなネット販売の大きな弱点の一つは、実際に商品を手に取ることが出来ないことでしょう。しか し、多くのシチュエーションを想定した良質なイメージカットをご使用いただくことで、他社ECサイトとの 差別化を生み出し、また新規顧客への訴求という面で大きなアドバンテージを得ることが出来るのではない でしょうか。

たかが写真と言う人もいるかもしれませんが、私たち写真家が皆様へ少なからずお役に立てることがあると信じて、されど写真の精神で。今日もがんばります。

 

Photo & Text by Yasuhito Yuruki